詳細メニューへ移動します

平成30年度決算検査報告の特色

3.平成30年度決算検査報告の特色

(1) 国民の関心の高い事項等に関する検査状況

エ 制度・事業の適正で公平な運用に関するもの

  1. 租税特別措置(住宅ローン控除特例及び譲渡特例)の適用状況、検証状況等について(特定検査状況)
  2. 租税特別措置(中小企業等の貸倒引当金の特例)の適用状況及び検証状況について(随時報告)
  3. 事業を廃止した個人事業者に係る課税資料の活用等について
    (消費税の申告審理等において事業廃止届出書、所得税青色申告決算書等を有効に活用することなどにより、事業の廃止時において棚卸資産以外の資産を保有している個人事業者を的確に把握して当該資産のみなし譲渡について、適正な課税を行うよう改善させたもの・財務省)
  4. 認定職業訓練実施付加奨励金の支給について
    (認定職業訓練実施付加奨励金の支給について、訓練修了者等が訓練校等に就職した場合に、1 週間の実労働時間が20 時間に達していない就職は就職率の算定に用いられる就職とならないことを要領等に定めたり、労働局が訓練修了者等の勤務実態等を適切に確認する仕組みを整備したりなどすることにより、支給の趣旨に沿って適切に実施されるよう改善させたもの・厚生労働省)
このページトップへ
会計検査院 〒100-8941 東京都千代田区霞が関3-2-2[案内地図]
電話番号(代表)03-3581-3251 法人番号 6000012150001
Copyright©2011 Board of Audit of Japan