検査報告事項のフォローアップ

会計検査院は、検査報告の指摘事項について、様々な角度からフォローアップを行っています。
このフォローアップにより把握している是正改善の状況などをみると、次のようになっています。

国等の損失は回復されたか

令和元年度決算検査報告においては、既往年度の検査報告に掲記した不当事項の是正措置状況について掲記しており、平成30年度決算検査報告に掲記したものと昭和21年度から平成29年度までの検査報告に掲記したものは、それぞれ次のとおりです。

(1) 平成30年度決算検査報告に掲記した不当事項254件のうち、令和2年7月末現在で、

  • ア、措置が完了したもの…240件
  • イ、措置が完了していないもの…14件

(2) 平成29年度以前の検査報告に掲記した不当事項において、令和元年7月末現在で是正措置が未済となっていた366件のうち、令和2年7月末現在で、

  • ア、措置が完了したもの…39件
  • イ、措置が完了していないもの…327件

再発防止のためにどのような処置が執られたか

(1) 意見表示・処置要求事項については、その結果を検査報告に掲記することとされており、通常、翌年度の検査報告に事後処置の状況を掲記しています。

(2) 処置済事項については、その履行状況を検査しています。そして、平成26年度から30年度までの検査報告に掲記した事項についての検査結果を令和元年度決算検査報告に掲記しており、その結果は次のとおりです。

平成30年度決算検査報告において改善の処置の履行状況を継続して検査していくこととした処置済事項62件のうち、検査報告掲記時点で既に履行済であったため検査の必要がなかったもの2件及び今年次は検査の対象となる会計経理等の実施がなかったもの15件を除いた45件について検査したところ、

  • ア、改善の処置が履行されていたもの…33件
  • イ、検査した範囲では改善の処置が履行されていたもの…12件
  • ウ、改善の処置が一部履行されていなかったもの…0件
  • エ、改善の処置が全く履行されていなかったもの…0件

関係者に対してどのような処分が行われたか

検査報告に掲記した不当事項の関係者(監督責任者及び担当者)に対して、所掌省庁等においてどのような内容の処分が行われたかを把握しています。

このページトップへ
会計検査院 〒100-8941 東京都千代田区霞が関3-2-2[案内地図]
電話番号(代表)03-3581-3251 法人番号 6000012150001
Copyright©2011 Board of Audit of Japan