詳細メニューへ移動します

検査の実施

検査は次の図のような手順ですすめられます。

「会計検査の基本方針の策定」及びこれに基づく「検査計画の策定」から、検査報告の内容送付までのサイクルとなります。
なお、検査報告に掲記された事項については、翌年以降その是正改善が完全に終わるまでフォローアップが続けられます。

検査の観点

検査計画

会計検査院として、限られた人員でよりよい検査成果をあげるためには、効率的・効果的な検査を行うことが重要です。そして、そのためには、的確な計画の策定が必要です。

そこで、毎年、次の年に行う会計検査のための会計検査院全体の基本的な検査方針を策定して、これに基づいて各課ごとの「検査計画」が策定されます。

「検査計画」の策定に当たっては、検査対象の予算の規模や内容、内部統制の状況、過去の検査の結果、国民の関心や国会の審議の状況などの綿密な分析が行われ、それをもとに重点項目を設定して、それに対する検査の観点、着眼点や方法、勢力配分などが決められます。

在庁して行う書面検査

書面検査
書面検査
庁舎内の書庫棟に保管されている証拠書類
庁舎内の書庫棟に保管されている証拠書類

検査の対象となっている府省や団体は、会計検査院が定めた計算証明規則の規定に従い、その取り扱った会計経理が正確、適法、妥当であることを証明するため、一定期間ごとに取扱いの実績を計算書に取りまとめ、その裏付けとなる証拠書類を添えて会計検査院に提出しなければならないことになっています。

計算書は、会計経理の実績を計数的に表示したものです。また、証拠書類は、各種の契約書、請求書、領収書などで、計算書に示された計数の真実性、適法性、妥当性を示す書類です。

1年度分の計算書の検査を終了すると、その最終計算書により、定められた手続に従って、内閣が作成した決算の計数上の正確性を検証しています。

出張して行う実地検査

実地検査の風景1 実地検査の風景2 実地検査の風景3 実地検査の風景4

証拠書類として提出されるものや、その表示にはおのずから限界があり、また、実態の確認もそれによってはできません。

そこで、会計検査院は、府省や団体の本部や支部、あるいは工事などの事業が実際に行われている場所に職員を派遣して実地に検査を行っています。また、国から財政援助を受けて種々の事業を実施している地方公共団体等についても、国が交付した補助金などが適正に使われているかどうかを実地に検査しています。

さらに、政府開発援助(ODA)の事業現場や在外公館など、海外においても検査活動を行っています。

実地検査を行う箇所は、検査計画で決められた重点項目や勢力配分、書面検査の結果、また、これまでの検査頻度・実績、国会の審議、マスコミや国民からの情報などを考慮して選定されます。

実地検査では、派遣先の事務所内で関係帳簿や会計検査院に証拠書類として提出されない書類などについて検査するほか、担当者や関係者から意見や説明を聞き、また、財産の管理や機能の実態を調査したり、工事の出来ばえを実地に確認したりします。

検査報告に掲記されて国会に報告される事項の大部分は、この実地検査によって明らかになったもので、会計検査上きわめて重要な検査方法です。

このページトップへ
会計検査院 〒100-8941 東京都千代田区霞が関3-2-2[案内地図]
電話番号(代表)03-3581-3251 法人番号 6000012150001
Copyright©2011 Board of Audit of Japan