詳細メニューへ移動します

検査結果の反映

検査の成果が予算の編成や執行に反映されるよう、国会や財政当局に対して検査報告の説明を行っています。

国会への提出、説明

検査報告は、決算に添付して、内閣から国会に提出され、国会の決算審査の参考に供されます。

国会の決算審査は、衆議院では決算行政監視委員会、参議院では決算委員会で行われますが、国民の代表機関である国会において検査報告が十分活用され、そこに盛り込まれた事項について、原因の究明や改善の処置の徹底が図られてこそ、会計検査の有効性が十分に発揮されることになります。

会計検査院は、上記の委員会の決算審査には、責任者が常に出席し、検査報告の内容や検査活動の状況を説明したり、会計検査の立場から所見を述べたりしています。こうして、検査報告は、決算審査の際の重要な資料として利用されています。

また、予算委員会その他の委員会にも必要に応じて責任者が出席し、検査報告の内容を説明したり、所見を述べたりしています。

なお、検査計画の策定や検査の実施に当たっては、国会の要請や論議を十分取り入れ、国会・国民の期待に応えるようにしています。

〔決算と検査報告が国会に提出される手続き〕
決算と検査報告が国会に提出される手続き

財政当局への説明

会計検査院の検査成果を予算編成や財政運営の参考にしてもらうため、会計検査院では、毎年、定期的に財務省主計局及び理財局との連絡会を開催しています。その際には、検査報告に掲記した事項の説明を行ったり、検査の過程で気付いた予算編成上又は財政運営上の参考事項について意見を述べたりしています。

また、この連絡会において、財政当局から、予算編成の背景、意図、執行上の留意点などを聴取して、検査の参考にしています。

このページトップへ
会計検査院 〒100-8941 東京都千代田区霞が関3-2-2[案内地図]
電話番号(代表)03-3581-3251 法人番号 6000012150001
Copyright©2011 Board of Audit of Japan