詳細メニューへ移動します

指摘金額と背景金額

指摘金額

不適切な会計経理により生じた徴収不足額や過大支出額、決算の表示漏れの額などです。

収入関係
租税や社会保険料の徴収漏れ・徴収不足あるいは取り過ぎの額
診療収入、賃料等各種収入金の収納不足額や不当に免除した額
土地等の財産の売払額や貸付料が低価に過ぎた額など
支出等関係
医療費や年金、各種保険給付金の払い過ぎた額
工事請負、物品調達、業務委託の計画や積算が不適切で過大に支払われた額
工事の設計や施工が不適切で所要の安全度が確保されていない構造物の工事費
対象事業費の算定が不適切で、過大に交付され又は貸し付けられた補助金又は貸付金の額
法令に定める手続に違反して行われた契約や支払の額
計算書や財務諸表等に適切に表示されていなかった資産等の額など

背景金額

検査の結果、法令、制度又は行政に関して改善を必要とする事項があると認める場合や、政策上の問題から事業が進ちょくせず投資効果が発現していない事態について問題を提起する場合において、「指摘金額」を算出できないときに、その事態に関する支出額や投資額等の全体の額を示したものを「背景金額」と呼んでいます。
 なお、背景金額は個別の事案ごとにそのとらえ方が異なるため、金額の合計はしていません。

このページトップへ
会計検査院 〒100-8941 東京都千代田区霞が関3-2-2[案内地図]
電話番号(代表)03-3581-3251 法人番号 6000012150001
Copyright©2011 Board of Audit of Japan