詳細メニューへ移動します

工事検査実習施設

工事検査実習施設の概要

工事検査実習施設は、安中研修所の西側に位置し、面積約10,000平方メートルの敷地内に築造されたもので、同施設は、工事検査実習棟及び構造物モデルなどから構成されています。

このうち、工事検査実習棟は、延べ床面積約786平方メートルの鉄筋コンクリート造平屋建てで、実習棟内は約500平方メートルの実習室、ミーティングルームなどが備えられています。

また、屋外には構造物モデルとして、

  1. 舗装モデル
  2. 擁壁モデル
  3. 河川護岸モデル
  4. 法面モデル
  5. ボックスカルバートモデル
  6. 上下水道モデル
  7. 建築モデル
  8. 水路モデル
  9. 海岸護岸モデル
  10. 橋梁モデル

を配置しています。

工事検査実習施設を活用して、より実践的な研修を実施することにより、研修効果の発現が望まれるところです。

(1)舗装モデル

舗装モデル
舗装モデル

コンクリート舗装及びアスファルト舗装について、施工の各段階を示したモデルとなっています。
このうち、アスファルト舗装は施工不良の例として、

  • ○アスファルト量の不足
  • ○温度管理の不良

と正しい施工例が対比できるようになっています。

(2)擁壁モデル

擁壁モデル 1
擁壁モデル 1
擁壁モデル 2
擁壁モデル 2

もたれ式擁壁、ブロック積擁壁、重力式擁壁、逆T型擁壁のモデルとなっています。

L型擁壁について、施工の各段階を示したモデルとなっています。

そして、不適切な設計に基づく施工例として、縦壁及び底版について、

  • ○主鉄筋の表裏の誤り
  • ○主鉄筋径の誤り
  • ○主鉄筋間隔の誤り

と正しい設計に基づく施工例、

また、コンクリートの施工不良例として、

  • ○コンクリートの強度不足
  • ○コンクリートの打設方法不良

と正しい施工例がそれぞれ対比できるようになっています。

(3)河川護岸モデル

河川護岸モデル
河川護岸モデル

連節コンクリートブロック工、かごマット工、張りブロック工、緑化ブロック工について、施工の各段階を示したモデルとなっています。

(4)法面モデル

法面モデル
法面モデル

現場打ちコンクリート法枠工、プレキャスト法枠工、コンクリート吹付工について、施工の各段階を示したモデルとなっています。

(5)ボックスカルバートモデル

ボックスカルバートモデル
ボックスカルバートモデル

ボックスカルバートについて、施工の各段階を示したモデルとなっています。

そして、不適切な設計に基づく施工例として、

  • ○頂版の主鉄筋間隔の誤り
  • ○底版の主鉄筋間隔の誤り

と正しい設計に基づく施工例、
また、施工不良例として、

  • ○コンクリートの強度不足
  • ○コンクリートの打設方法不良
  • ○鉄筋のかぶり厚さの不足等

と正しい施工例がそれぞれ対比できるようになっています。

(6)上下水道モデル

上下水道モデル
上下水道モデル

下水道モデルは、砂基礎、砂利基礎、コンクリート基礎(90度巻き、360度巻き)で布設した遠心力鉄筋コンクリート管及びマンホールのモデルとなっています。

上水道モデルは、ダクタイル鋳鉄管、鋼管、硬質塩化ビニール管のモデルとなっています。

(7)建築モデル

建築モデル
建築モデル

鉄筋コンクリート造及び鉄骨鉄筋コンクリート造については6階建てを、鉄骨造については3階建てを、それぞれ想定したモデルとなっています。

(8)水路モデル

水路モデル
水路モデル

水路の不適切な設計に基づく施工例として、側壁及び底版について、

  • ○主鉄筋径の誤り
  • ○主鉄筋間隔の誤り

と正しい設計に基づく施工例、
また、コンクリートの施工不良例として、

  • ○コンクリートの強度不足
  • ○コンクリートの打設方法不良

と正しい施工例がそれぞれ対比できるようになっています。

(9)海岸護岸モデル

海岸護岸モデル
海岸護岸モデル

自立式鋼矢板護岸工、タイロッド式鋼矢板護岸工及び張りコンクリート式護岸工について、施工の各段階を示したモデルとなっています。

(10)橋梁モデル

橋梁モデル
橋梁モデル

下部工は、橋台1基、橋脚3基で、そのうち橋脚1基は施工の各段階を示し、上部工は、コンクリート橋1連、鋼橋1連で施工の各段階を示したモデルとなっています。

国家公務員採用試験等からの採用(詳細メニューを開く) 国家公務員採用試験等からの採用(詳細メニューを閉じる)

その他の採用(詳細メニューを開く) その他の採用(詳細メニューを閉じる)

会計検査院のご紹介(詳細メニューを開く) 会計検査院のご紹介(詳細メニューを閉じる)

このような指摘、報告をしています(詳細メニューを開く) このような指摘、報告をしています(詳細メニューを閉じる)

研修制度

このページトップへ
会計検査院 〒100-8941 東京都千代田区霞が関3-2-2[案内地図]
電話番号(代表)03-3581-3251 法人番号 6000012150001
Copyright©2011 Board of Audit of Japan