詳細メニューへ移動します

平成29年度決算検査報告の特色

3.平成29年度決算検査報告の特色

(1) 国民の関心の高い事項等に関する検査状況

ウ 制度・事業の実施体制、効果的な運営等に関するもの

  1. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた取組状況等について(検査要請)
  2. 官民ファンドにおける業務運営の状況について(随時報告)
  3. 高速増殖原型炉もんじゅの研究開発の状況及び今後の廃止措置について(随時報告)
  4. 株式会社商工組合中央金庫における危機対応業務の実施状況等について(随時報告)
  5. 防衛装備品等に係るコストデータを一元的に管理して分析等を行うパイロットモデルシステムの整備等について
    (防衛装備品等に係るコストデータを一元的に管理して分析等を行うパイロットモデルシステムについて、システムの有用性の検証等を行うなどの整備目的を十分に達成するために、分析手法等について組織として問題を共有して対応を検討できる体制を整備した上で、コストデータの分析に適した製造原価を取得するための方策について民間企業等と調整して、コストデータの具体的な分析手法の検討等を行うよう意見を表示したもの・防衛省)
  6. 政府開発援助の効果の発現について
    (政府開発援助の実施に当たり、有償資金協力による下水道整備事業を実施した実績がない地方政府機関であるなど、事業実施能力に配慮を要する事業実施機関が大規模な事業を行う場合、施工管理を行っているコンサルタントに対するモニタリング等を通じるなどして整備する施設に不具合等が生じていないかについて確認を行うなどして、援助の効果が十分に発現するよう意見を表示したもの・外務省、独立行政法人国際協力機構)
このページトップへ
会計検査院 〒100-8941 東京都千代田区霞が関3-2-2[案内地図]
電話番号(代表)03-3581-3251 法人番号 6000012150001
Copyright©2011 Board of Audit of Japan