詳細メニューへ移動します

⑤ 次期戦闘機(F-35A)の調達等の実施状況について

  • 〈事項等〉
    国会及び内閣に対する報告(随時報告)
  • 〈検査の観点〉
    主に有効性の観点から検査を行ったもの

本院は、次期戦闘機(F-35A)の調達等の実施状況について会計実地検査を行った。
 検査したところ、①FMS調達について、F-35Aの1機当たり本体価格の上昇要因を定量的に把握できていなかったり、平成28年度末までに提供の予定時期が到来していた一部の防衛装備品等がアメリカ合衆国政府から提供されていなかったり、28年度末までに受領したF-35Aに関して開発の遅れにより要求したものとは異なるソフトウェアが搭載されたものを受領していたりなどしている状況、②国内企業の製造への参画について、各国内企業の実施計画が部品等を対応する機体に搭載することを前提とした整合性の取れたものとなっていなかったり、元請の外国企業と部品の下請製造の契約を締結していなかったりなどしている状況、③プロジェクト管理等について、ライフサイクルコストの見積りに当たって為替変動を考慮した感度分析の実施結果が関係各組織で共有されていないなどしている状況となっていた。
 したがって、防衛装備庁において、①FMS調達について、1機当たり本体価格が変動した場合には引き続き適時適切にアメリカ合衆国政府に要因を確認すること、要求したとおりの防衛装備品等が速やかに提供されるようアメリカ合衆国政府と調整すること、②国内企業の製造への参画について、実施計画が部品等を対応する機体に搭載することを前提とした整合性の取れたものとなるよう調整すること、下請製造が予定どおり進捗するよう取り組むこと、③プロジェクト管理等について、感度分析を行った上で、その実施結果を関係各組織で共有することなどが必要である。
 本院としては、次期戦闘機(F-35A)の調達等の実施状況について、今後とも多角的な観点から引き続き検査していくこととする。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。
>> Adobe Readerのダウンロード(別ウインドウで開きます。)

このページトップへ
会計検査院 〒100-8941 東京都千代田区霞が関3-2-2[案内地図]
電話番号(代表)03-3581-3251 法人番号 6000012150001
Copyright©2011 Board of Audit of Japan