詳細メニューへ移動します

平成28年度決算検査報告の特色

3.平成28年度決算検査報告の特色

(1) 国民の関心の高い事項等に関する検査状況

エ 予算の適正な執行、会計経理の適正な処理等に関するもの

  1. 総合評価落札方式による入札における落札者の決定について
    (社会資本整備総合交付金等の交付を受けて地方公共団体が実施する公共工事において、総合評価落札方式による入札には最低制限価格が設定できないことを地方公共団体に対して周知徹底し、誤って設定した最低制限価格により価格その他の条件が最も有利な者が失格として排除されないよう改善させたもの・国土交通省)
  2. 研究開発プロジェクト等に関する委託事業により取得した物品の管理について
    (研究開発プロジェクト等に関する委託事業において受託者に取得物品を継続使用させるに当たり、無償貸付等の手続を適切に行うなどするよう適宜の処置を要求し及び是正改善の処置を求め、並びに委託事業の実施期間中における取得物品の使用状況等を把握して、取得物品の管理が適時適切に行われるよう改善の処置を要求したもの・経済産業省)
  3. 会議開催等業務に係る契約における仕様書等の変更手続等について
    (会議開催等業務に係る契約について、業務内容の変更に応じて適時適切に仕様書等を変更するなどの体制を整備することなどにより、契約額が実施された業務に即したものとなるよう是正改善の処置を求めたもの・環境省)
  4. 高速道路に係る維持・保全業務の子会社への委託について
    (高速道路に係る維持・保全業務の子会社への委託に当たり、子会社において実際に要する材料費を契約単価に反映させ、子会社に支払う業務費を維持・保全業務の実施に要する費用の実態に見合ったものとすることにより、高速道路3 会社の管理費の縮減が図られるよう改善させたもの・東日本高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社)
  5. 有償援助調達における防衛装備品の不具合及び計算書の誤りに対する是正措置の要求並びに計算書と受領検査調書との照合の適切な実施について
    (有償援助調達の実施に当たり、防衛装備品の不具合及び計算書の誤りに対する是正措置の要求を速やかに行うことを周知徹底するよう是正改善の処置を求め、及び計算書と受領検査調書との照合の過程や結果を書面等に記録及び保存するとともに、計算書と受領検査調書の項目において極めて多くの記載内容が一致していない状況となっている根本的な原因を調査し、適切な照合を行うための効果的な方策について検討するよう意見を表示したもの・防衛省)
このページトップへ
会計検査院 〒100-8941 東京都千代田区霞が関3-2-2[案内地図]
電話番号(代表)03-3581-3251 法人番号 6000012150001
Copyright©2011 Board of Audit of Japan