詳細メニューへ移動します

① 河川整備計画等により堤防等を整備することとしている区間において、一部未整備の箇所又は改築が必要な橋りょうが残存していて、整備済みの堤防等の整備効果を十分に発現させる方策を講ずる必要がある事態について

  • 〈事項等〉
    特に掲記を要すると認めた事項(国土交通省)
  • 〈検査の観点〉
    主に有効性の観点から検査を行ったもの

国土交通省が直轄事業及び補助事業により実施している堤防等の整備や整備により必要となる橋りょうの改築等の河川改修事業について検査したところ、①堤防高が計画高水位より低い位置にあって流下能力が整備計画流量を下回るなどしていて、当該区間からの越水等により地形上広範囲に浸水が及び住宅等への被害のおそれがある整備未済区間が残存している箇所(以下「残整備箇所」という。)や②橋りょうの架設箇所の流下能力が整備計画流量を下回っていたり桁下高が計画高潮位よりも低い位置にあったりしていて、架設箇所からの越水等により地形上広範囲に浸水が及び住宅等への被害のおそれがあり改築を要する橋りょう(以下「残改築橋りょう」という。)が見受けられ、これらが治水安全上のぜい弱部となっており、その存在により、その上下流の整備済みの堤防等の整備効果が十分に発現していない事態が見受けられた。このため、残整備箇所の整備及び残改築橋りょうの改築をできるだけ早期に完了することは、整備済区間の堤防等の効果を十分に発現させるために必要であると認められる。しかし、残整備箇所又は残改築橋りょうとなった要因についてみると、残整備箇所については、堤防予定地の土地権利者等からの用地取得又は工事着手の同意が得られていないなどしていること、また、残改築橋りょうの改築については、橋りょう管理者との協議の実施のために必要な改築に向けた同意が得られていないことなどから、いずれも河川管理者の取組のみでは事態の解決を図ることは困難な状況となっている。したがって、国土交通省において、次のような方策を講ずるとともに、残整備箇所又は残改築橋りょうが所在している9県に対して同様の方策を講ずるよう助言を行うなどして、事態の早期解消を図ることが望まれる。
 ア 残整備箇所については、事業の進展を図るため、土地権利者等と一層積極的に交渉や調整を行うなどするよう努めること。特に、長期間にわたり事態の解消が図られず明確な解決の見通しがないまま推移している箇所については、残整備箇所の整備による効果を周知するなどして、土地権利者等に対して一層の理解を求め、残整備箇所の解消に向けて事業の進展が図られるよう努めること
 イ 残改築橋りょうについては、残整備箇所と同様に改築による効果を周知するなどして、改築の必要性について橋りょう管理者の理解を得られるよう一層積極的に調整を行い、橋りょう管理者の事情も踏まえた上で河川管理者と橋りょう管理者が一体となって、改築の事業期間等の事項に関する協議を行うことにより早期に残改築橋りょうの改築に着手できるよう努めること
 本院としては、今後とも、河川改修事業の進捗に伴う残整備箇所及び残改築橋りょうの解消の状況並びに整備済みの堤防等の効果の発現状況について引き続き注視していくこととする。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。
>> Adobe Readerのダウンロード(別ウインドウで開きます。)

このページトップへ
会計検査院 〒100-8941 東京都千代田区霞が関3-2-2[案内地図]
電話番号(代表)03-3581-3251 法人番号 6000012150001
Copyright©2011 Board of Audit of Japan