詳細メニューへ移動します

② レセプト情報・特定健診等情報データベースシステムにおける収集・保存データの不突合の状況等について

  • 〈事項等〉
    意見を表示し又は処置を要求した事項(厚生労働省)
  • 〈検査の観点〉
    主に有効性の観点から検査を行ったもの

厚生労働省及び都道府県は、高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号)に基づき、医療に要する費用の適正化(以下「医療費適正化」という。)を総合的かつ計画的に推進するための計画(以下「医療費適正化計画」という。)を定めて、当該計画に掲げる目標の達成状況及び施策の実施状況並びに当該施策に要した費用に対する効果に係る調査及び分析を行い、医療費適正化計画の実績に関する評価を行うことなどとしている。そして、同省は、全ての医療保険者等から全ての特定健康診査及び特定保健指導(以下「特定健診等」という。)の内容等に関する電子情報(以下「特定健診等データ」という。)及び全てのレセプトの内容等に関する電子情報(以下「レセプトデータ」という。)を収集・保存した上で、生活習慣病予防対策として実施されている特定健診等が医療費適正化に及ぼす効果等について適切な分析を行うことなどを目的として、レセプト情報・特定健診等情報データベースシステム(以下「NDBシステム」という。)を構築している。しかし、被保険者の個人情報の入力形式等が両データで異なるものとなっていたり、電算処理システムにおいて被保険者等の個人情報の入力形式等を同じものとする処理(以下「置換処理」という。)が特定健診等データに関する電算処理システムとレセプト電算処理システムとで異なるものとなっていたり、匿名化・提供システムにおける置換処理機能が限定的なものとなっていたりするなどしているため、多数の保険者の特定健診等データをレセプトデータと突合できない事態が生じていた。そして、このまま推移すれば、第2期医療費適正化計画の実績に関する評価において、当該施策が医療費適正化に及ぼす効果について、NDBシステムに収集・保存されているデータの十分な突合・分析等により得られる詳細な分析データに基づき適切な評価を行うことは困難であると見込まれる。したがって、厚生労働省において、NDBシステムの運用状況を大幅に改善し、第2期医療費適正化計画の実績に関する評価に当たっては、生活習慣病予防対策として実施されている特定健診等が医療費適正化に及ぼす効果について、収集・保存されているデータを十分に活用した適切な評価を行うことができるようにするために、データの不突合の原因等を踏まえたシステムの改修等を行うなどの措置を講ずる要がある。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。
>> Adobe Readerのダウンロード(別ウインドウで開きます。)

このページトップへ
会計検査院 〒100-8941 東京都千代田区霞が関3-2-2[案内地図]
電話番号(代表)03-3581-3251 法人番号 6000012150001
Copyright©2011 Board of Audit of Japan