詳細メニューへ移動します

平成26年度決算検査報告の特色

3.平成26年度決算検査報告の特色

(1) 国民の関心の高い事項等に関する検査状況

ク 情報通信(IT)に関するもの

行政の情報化、電子政府の推進等により、情報システムは国の機関の事務運営に欠かせないものとなっており、27年次の検査においては各府省等における情報システムに係るプロジェクト管理の実施状況等について報告を行っています。

  1. 各府省等における情報システムに係るプロジェクト管理の実施状況等について(特定検査状況)
  2. レセプト情報・特定健診等情報データベースシステムにおける収集・保存データの不突合の状況等について
    (レセプト情報・特定健診等情報データベースシステムの運用状況を大幅に改善し、生活習慣病予防対策として実施されている特定健診等が医療費適正化に及ぼす効果について、収集・保存されているデータを十分に活用した適切な評価を行うことができるようにするために、データの不突合の原因等を踏まえたシステムの改修等を行うなどの措置を講ずるよう意見を表示したもの・厚生労働省)
  3. 大学連携研究設備ネットワーク事業による研究設備の大学間相互利用の推進について
    (大学連携ネットワーク事業の実施に当たり、国立大学法人が独自に相互利用に供することとしている研究設備をネットワークシステムに登録するよう働きかけることなどにより、大学間における研究設備の全国一元的な相互利用の推進が図られるよう改善の処置を要求したもの・大学共同利用機関法人自然科学研究機構)
  4. 情報システムで利用しているソフトウェアに係るセキュリティホール対策の実施について
    (インターネット上からの通信が可能なサーバ上で利用していたサポート期間が終了しているソフトウェアの更新等を実施するとともに、ポリシー等を改定することなどによりサポート期間が終了しているソフトウェアを利用しないよう改善させたもの・内閣府(宮内庁)、総務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省)
このページトップへ
会計検査院 〒100-8941 東京都千代田区霞が関3-2-2[案内地図]
電話番号(代表)03-3581-3251 法人番号 6000012150001
Copyright©2011 Board of Audit of Japan