詳細メニューへ移動します

④ 住民参加型まちづくりファンド支援事業の実施について

  • 〈事項等〉
    意見を表示し又は処置を要求した事項(国土交通省、一般財団法人民間都市開発推進機構)
  • 〈検査の観点〉
    主に有効性の観点から検査を行ったもの

国土交通省は、地域の資金を景観形成等のまちづくりへ誘導するなどのために、一般財団法人民間都市開発推進機構(平成25年3月31日以前は財団法人民間都市開発推進機構。以下「民都機構」という。)が行う住民参加型まちづくりファンド支援事業(以下「支援事業」という。)に対して補助金を交付している。支援事業は地方公共団体等が設置する基金等(以下「まちづくりファンド」という。)に対して、住民等が資金の拠出等を行う場合、民都機構が資金(以下「民都資金」という。)を拠出して支援を行うものであり(以下、民都資金の拠出を受けてまちづくりファンドを運営する者を「民都資金受領者」という。)、民都資金はまちづくりファンドから住民等が実施する都市開発事業等(以下「まちづくり事業」という。)への助成等に充てられることとなっている。そして、民都機構は事業実施要領等(以下「要領等」という。)を定めて支援事業を実施している。また、「補助金等の交付により造成した基金等に関する基準」によれば、国の補助金等の交付により造成した基金は、定期的に見直しを行い、使用見込みの低い基金については、補助金等の国庫への返納等を検討することなどとされており、まちづくりファンドもこの趣旨を踏まえて取り扱われる必要がある。しかし、まちづくりファンドにおいて、民都資金が使用見込みの見直しなどが行われず長期にわたり使用されていなかったり、まちづくり事業で整備された施設等(以下「助成施設等」という。)が継続的に維持管理されずに撤去等され有効に利活用されていなかったりなどしている事態が見受けられた。したがって、国土交通省において、民都機構に対して、民都資金の使用見込みの定期的な見直しなどを行うことについて明確に要請を行ったり、民都機構において、民都資金の使用見込みの定期的な見直し、使用見込みが低い民都資金の民都機構への返還等について要領等に明確に定めて、まちづくり事業の選定における助成施設等の継続性の審査等に関する規定を民都資金受領者が整備することについて要領等に定めて、これらを民都資金受領者に周知したりする処置を講ずる要がある。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。
>> Adobe Readerのダウンロード(別ウインドウで開きます。)

このページトップへ
会計検査院 〒100-8941 東京都千代田区霞が関3-2-2[案内地図]
電話番号(代表)03-3581-3251 法人番号 6000012150001
Copyright©2011 Board of Audit of Japan