詳細メニューへ移動します

平成26年度決算検査報告の特色

3.平成26年度決算検査報告の特色

(1) 国民の関心の高い事項等に関する検査状況

エ 資産、基金等のストックに関するもの

資産、基金等のストックに関しては、厳しい財政状況を踏まえ、財政資金等の有効活用について、重点的に検査に取り組んできており、国から日本年金機構に出資された固定資産の状況等について、多額の指摘を行っています。

  1. 日本年金機構が保有している固定資産の状況について
    (日本年金機構が保有する固定資産のうち国から出資された土地及び建物について、保有の必要性を見直すとともに、不要な資産を国庫に納付させるよう適切な制度を整備するよう意見を表示したもの・厚生労働省、日本年金機構)
  2. 独立行政法人奄美群島振興開発基金に対する出資による保証基金の積増しについて
    (独立行政法人奄美群島振興開発基金の保証業務において、繰越欠損金の状況を踏まえつつ、出資による保証基金の積増しを見直すなどして、政府出資金等から成る保証基金の規模を保証債務残高の状況等を勘案した適切なものとするための措置を講ずるよう意見を表示したもの・国土交通省)
  3. 国有港湾施設の管理及び使用について
    (公共用財産である国有港湾施設について、公共利用の確保等が適切に行われるよう、港湾管理者に対し、使用許可を受けずに専用使用されている施設について是正のための指示をするよう、また、適切に管理するよう周知するよう適宜の処置を要求し及び是正改善の処置を求め、並びに地方整備局等及び港湾管理者に対し、処理要領等を周知徹底することなどにより管理及び使用が適切に行われるように検討するよう意見を表示したもの・国土交通省)
  4. 住民参加型まちづくりファンド支援事業の実施について
    (一般財団法人民間都市開発推進機構が実施する住民参加型まちづくりファンド支援事業について、資金の受領者に資金の使用見込みの定期的な見直しなどを行わせることを事業実施要領等に定めることなどにより、資金の有効な活用が図られるよう改善の処置を要求したもの・国土交通省、一般財団法人民間都市開発推進機構)
このページトップへ
会計検査院 〒100-8941 東京都千代田区霞が関3-2-2[案内地図]
電話番号(代表)03-3581-3251 法人番号 6000012150001
Copyright©2011 Board of Audit of Japan