詳細メニューへ移動します

平成26年度決算検査報告の特色

3.平成26年度決算検査報告の特色

(1) 国民の関心の高い事項等に関する検査状況

ウ 予算の適正な執行、会計経理の適正な処理等に関するもの

国や独立行政法人などの会計経理に関しては、従来、基本的な事務が適正に執行されているかといった点に着眼して検査に取り組んできており、27年次の検査でもいくつかの組織において不適正な会計経理が見受けられたことから、不当事項として指摘するなどしています。

  1. 独立行政法人理化学研究所における研究予算の執行状況等について(特定検査状況)
  2. 普通財産の管理及び処分に係る業務委託の契約の締結について
    (普通財産の管理及び処分に係る業務を委託するに当たり、総合評価落札方式により落札者を決定する際に加点評価した提案の内容を確実に契約に反映することにより、会計法の趣旨に沿って国にとって最も有利な内容で契約を締結することとなるよう改善させたもの・財務省)
  3. 研究所等における調達の迅速化を図るための現場購買による契約について
    (研究所等における調達の迅速化を図るための現場購買による契約について、会計規程等の遵守について周知徹底を図ったり、現場購買を適正に実施するための体制を整備したりすることにより、会計規程等に従って適正に実施するよう改善させたもの・独立行政法人情報通信研究機構)
  4. 研究用物品の購入等に係る会計経理が不適正
    (研究用物品の購入等に当たり、会計規程等で認められていない前払により購入を行っていたり、研究員が販売代理店に虚偽の内容の関係書類を作成させ、所属する独立行政法人に架空の取引に係る購入代金を支払わせたりするなど不適正な会計経理を行っていたもの・不当事項・独立行政法人農林水産消費安全技術センター等)
  5. 契約手続に係る会計経理が会計規則等に違反
    (会計規則に定められた契約手続を経ることなく契約に係る業務を実施させていたり、当該手続を経て確定した契約書に基づくことなく支払を行っていたりなどしていたもの・不当事項・独立行政法人日本スポーツ振興センター)
このページトップへ
会計検査院 〒100-8941 東京都千代田区霞が関3-2-2[案内地図]
電話番号(代表)03-3581-3251 法人番号 6000012150001
Copyright©2011 Board of Audit of Japan