詳細メニューへ移動します

会計検査とは?

会計検査院とは?

私たちの税金や国債の発行によって国が集めたお金は、各府省などで国の仕事をするために使われます。国のお金ですから、適正に、また、ムダがないように、有効に使われなければなりません。会計検査院は、この国のお金が正しく、また、ムダなく有効に使われているかどうかをチェックする機関です。

会計検査院は、このような重要な仕事を他から制約を受けることなく厳正に果たせるよう、国会、内閣、裁判所いずれの機関からも独立しています。

どんなところを検査しているの?

会計検査院が検査する対象は、国のすべての会計のほか、国が出資している政府関係機関、独立行政法人などの法人や、国が補助金、貸付金その他の財政援助を与えている都道府県、市町村、各種団体などです。

どんなふうに検査するの?

(1)検査の方法

検査には、主に「書面検査」と「実地検査」の二つの方法があります。
書面検査は庁舎内で、検査対象から提出された計算書や証拠書類を検査するもので、実地検査は、検査対象機関の事務所や事業が実際に行われている現場に出張して行う検査です。

(2)検査の観点

「正確性」の観点
検査対象機関の決算の表示が予算執行など財務の状況を正確に表現しているかという観点です。
「合規性」の観点
検査対象機関の会計経理が予算や法律、政令等に従って適正に処理されているかという観点です。
「経済性」の観点
検査対象機関の事務・事業の遂行及び予算の執行がより少ない費用で実施できないかという観点です。
「効率性」の観点
検査対象機関の業務の実施に際し、同じ費用でより大きな成果が得られないか、あるいは費用との対比で最大限の成果を得ているかという観点です。
「有効性」の観点
検査対象機関の事務・事業の遂行及び予算の執行の結果が、所期の目的を達成しているか、また、効果を上げているかという観点です。

会計検査院について(詳細メニューを開く) 詳細メニューへ移動します 会計検査院について(詳細メニューを閉じる)

会計検査に関する活動(詳細メニューを開く) 詳細メニューへ移動します 会計検査に関する活動(詳細メニューを閉じる)

検査結果(詳細メニューを開く) 詳細メニューへ移動します 検査結果(詳細メニューを閉じる)

外部との交流活動(詳細メニューを開く) 詳細へ移動します 外部との交流活動(詳細メニューを閉じる)

調達情報(詳細メニューを開く) 詳細へ移動します 調達情報(詳細メニューを閉じる)

情報公開・公文書管理・個人情報保護(詳細メニューを開く) 詳細へ移動します 情報公開・公文書管理・個人情報保護(詳細メニューを閉じる)

公表資料(詳細メニューを開く) 詳細へ移動します 公表資料(詳細メニューを閉じる)

会計検査院 〒100-8941 東京都千代田区霞が関3-2-2[案内地図]
電話(代表)03-3581-3251
Copyright©2011 Board of Audit of Japan